今年の火星に敵なし


7月末に地球との大接近で話題を呼んだ

火星は、惑星達で賑やかな夜空の中でも

ひときわ明るく光っています。

15年振りの大接近とあって

その明るさは、一等星を超えた-2.8等級。

地球から一番離れた時の明るさと比較すると

その80倍というのですから、明るいのも納得がいきます。

いつもなら金星が沈んだ後は、惑星の王者木星が

何よりも明るく輝いているものなのですが

今、火星は木星よりも明るいのです。

「初めての人でも、火星を探せないことは絶対にない」

と言っても過言ではありません。

では、いつもの火星はどんな感じ?というと

火星のライバルと比べると想像がつきます。

火星と赤い輝きを競う星

それは、理科の時間に赤色超巨星として登場する

サソリの心臓アンタレスです。

アンタレスとは火星のライバル(敵)という意味があり

その名の通り火星と並んだりすると

まるで双子のようです。

火星の明るさは9月末まで続き

私達の目を楽しませてくれます。

 


About ヤシノ

Island Joumer guamのヤシノです。グアムの自然と星空に魅せられて、充実した日々を過ごしています。南の島よりきらめく星空をご案内いたします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です