期待のアルマ望遠鏡


携帯に飛び込んできた一枚の写真は、まるで

窓から差す光が塵の帯を浮き出したような光

景でした。

チリにあるアルマ望遠鏡が捉えた宇宙の写真

です。

タイトルは、「宇宙には科学者の想像をはるかに超えた星が

存在していた。」

観望のシーズンを迎えた今年の木星は例年より大きく、

くっきりと縞模様を見せています。

その周りに浮かぶ4つのガリレオ衛星は、観察していると少

しずつ位置を変えていきます。

ガリレオが自分で作った望遠鏡で衛星を発見したのは1609年

のこと。どんなに目を凝らしても、衛星は肉眼では見えませ

ん。

あれから400年以上の月日が流れて、望遠鏡はどんどん大

きくなり、今や電波望遠鏡が主流となりました。

地球は、宇宙の中心ではなくなり、月には水が発見され、

冥王星は惑星から外され、宇宙が膨張し

銀河は膨張しない…

望遠鏡は私たちの世界をどんどん広げてくれています。

 


About ヤシノ

Island Joumer guamのヤシノです。グアムの自然と星空に魅せられて、充実した日々を過ごしています。南の島よりきらめく星空をご案内いたします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です