南の空に「ハエ」の輝き


南十字が一番高く上がる頃、十字架の付け根

に「ハエ座」が出てきす。

名前こそ「ハエ」ですが、綺麗な星々の集合

体です。

「ハエ」は、初めは「ミツバチ」と名付けられていました。

星図では「ハチ座またはハエ座」とか「ハエ座またはミツバチ

座」と表記される時期があり、その頃は天文学者でさえはっき

りしたイメージがなかったようです。

18世紀になってやっと「ハエ座」に納まりました。

グアムからは見えませんが、「ハエ座」の下には「カメレオン

座」があります。

きっと、「カメレオン」の餌にするために「ハエ座」としたの

でしょうね。

残念なことにグアムから見ても「カメレオン」はおらず、「南

十字」とのギャップがありすぎて、意味不明な「ハエ」。

だったらミツバチのままが良かったのにな。

 

「ハエ」の輝きを見るなら今がチャンスです。 


About ヤシノ

Island Joumer guamのヤシノです。グアムの自然と星空に魅せられて、充実した日々を過ごしています。南の島よりきらめく星空をご案内いたします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です